Top page  1/6
24
2016

9.19総がかり行動に参加しました!

CATEGORY集会・デモ
sogakari1.jpg sogakari2.jpg

安全保障関連法からちょうど1年となった9月19日(月)、天気はあまり良くなかったのですが、岐阜総がかり行動に参加してきました。

岐阜駅の北側にあるいつもの金公園ではなく、南側にある清水緑地公園から集会とデモを行い、約400人が集まりました。

天候の関係もあってか、参加者はやや少なめといった感じでしたが、昨年ほどの熱気はやはり感じられなくなってきていると思います。

集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法の成立後に、防衛予算が過去最高となる勢いなどかなり戦争準備が進んできているのではないかという懸念を感じます。

また、沖縄の辺野古や高江の基地建設についても強行的手段によって市民を排除するなど政府の民主主義を踏みにじる行為が続いています。

立憲主義を踏みにじる安全保障関連法の強行採決を風化させないためにも、「2015.9.19」を胸に刻んでおきたいと思います。

安全保障関連法に反対する岐阜経済大学有志の会  賛同者 45名

<呼びかけ人>
(2016年9月29日現在、7名、順不同・敬称略)

髙木 博史(経済学部准教授) 
宇佐見 正史(経済学部教授)
樋下田 邦子(経済学部教授)
木村 隆之(本学名誉教授)
藤井 えりの(経済学部講師)
菊本 舞(経済学部准教授)
高橋 信一(経営学部教授)

<賛同人>

(2016年9月29日現在、38名、順不同・敬称略)

中村 共一(経営学部教授)
佐藤 八千子(元経済学部教授)
祖父江 元宏(社会福祉士・精神保健福祉士)
伊藤 英生(岐阜県議会議員・産業経営学科卒業生)
山田 武司(経済学部教授)
小川 尚紀(岐阜経済大学まちなか共同研究室コーディネーター)
近藤 ゆり子(「9条の会おおがき」世話人、岐阜経済大学ゲスト講師)
山田 朱美
赤塚 俊彦(教職員「9条の会」ぎふ)
高橋 勉(経済学部教授)
寺澤 真紀(岐阜県コミュニティ診断士)
野松 敏雄(経営学部教授)
小林 信介(金沢大学准教授)
佐藤 真紀(岐阜経済大学ゲスト講師)
松井 茂(情報科学芸術大学院大学)
小川 栄一(本学大学院生)
岩坂 和幸(経営学部准教授)
小林 敬子(岐阜経済大学公開講座受講生)
森山 賢久(本学卒業生・介護福祉士)
飯沼 信彦(大野町自治会役員)
森下 満寿美(岐阜経済大学ゲスト講師)
丹原 美穂
原  和子(教諭)
加藤 由紀子(経営学部教授)
薮内 武司(本学名誉教授)
鈴木 祐一(経済学科卒業生)
木村 厚子(9条の会おおがき・ごうど9条の会)
今井 隆(経済学科卒業生)
西 泉(沖縄大学教員)
藤田 淳史(経済学部卒業生、新聞記者)
藤原 佳子(全国福祉保育労働組合東海地方本部書記長)
岡崎 行雄(揖斐川・大野9条の会)

ほか匿名希望6名
16
2016

9.19を忘れない!第4弾・岐阜総がかり行動のお知らせ

CATEGORY集会・デモ
2016919sogakakari.jpg

昨年9月19日、安倍政権は、多くの憲法学者や国民がその違憲性を指摘する声に耳を貸さず、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法の強行採決を行いました。

そして、今日、来年度の防衛予算は史上最高額の要求となるなど確実に戦争の足音が聞こえてきています。

この立憲主義を踏みにじる暴挙からちょうど1年を迎える9月19日に第4弾・岐阜総がかり行動を行います。

日 時 : 10:30 ~ 集会 
       11:10 ~ デモ

場 所 : 清水緑地公園(JR岐阜駅南側すぐ)

会場がいつもの金公園スタートではなく清水緑地公園となりますのでご注意ください。

26
2016

空襲体験を語りつぐ大垣の会に参加してきました!

CATEGORYイベント
syakaishimpo.jpg

少し前の話になりますが、去る7月24日(日)に岐阜経済大学名誉教授の池永輝之先生が主宰する「空襲体験を語りつぐ大垣の会」に参加してきました。安全保障関連法に反対する岐阜経済大学有志の会の賛同者2名も参加しました。

当日の様子が、2016年8月24日付けの社会新報に掲載されています。

会場には、焼夷弾の実物などをもってこられていた方もいらっしゃいました。

だんだん戦争体験を語る方々が高齢化したり、他界されたりする中で私たちは今何をすべきか改めて考えさせられました。

ちなみに記事配信は、有志の会の賛同者でもある卒業生の鈴木祐一さんです。
08
2016

参議院選挙を受けて

CATEGORY談話等
7月の参議院選挙では、岐阜県でも安全保障関連法に反対する野党統一候補が実現しましたが、健闘したものの当選には及びませんでした。

全国的にも憲法改正・安全保障関連法に賛成した勢力が衆参両議院で3分2以上の議席を占めるなど、今後の動向をさらに注視していかなければならない状況となってきました。

とくに、従来、憲法改正論議の争点となってきた平和主義を謳った9条のみならず、与党自民党の憲法草案で提唱がなされている「緊急事態条項」の創設については、本会で学習会も実施してきましたように、「非常事態宣言」がなされれば、事実上、憲法を停止し、内閣の判断で法律に相当する政令を定め、基本的人権に制限を加えることができるようになるというきわめて危険なものであり、安易かつ拙速な憲法改正論議を進めるべきではないと考えます。

一方で、従来の運動だけでは、主張がなかなか浸透しないことも見えてきており、新たな創造的な運動の展開が課題となってきています。

「戦争できる国づくり」をさらに進めるのか、憲法の理念を活かし平和主義を貫くのか、今まさに瀬戸際に立たされているといえ、この運動に結集する一人ひとりの皆さんに、これまで以上のご支援を呼びかけさせていただきます。

安全保障関連法に反対する岐阜経済大学有志の会  賛同者 41名

<呼びかけ人>
(2016年8月9日現在、7名、順不同・敬称略)

髙木 博史(経済学部准教授) 
宇佐見 正史(経済学部教授)
樋下田 邦子(経済学部教授)
木村 隆之(本学名誉教授)
藤井 えりの(経済学部講師)
菊本 舞(経済学部准教授)
高橋 信一(経営学部教授)

<賛同人>

(2016年8月9日現在、34名、順不同・敬称略)

中村 共一(経営学部教授)
佐藤 八千子(元経済学部教授)
祖父江 元宏(社会福祉士・精神保健福祉士)
伊藤 英生(岐阜県議会議員・産業経営学科卒業生)
山田 武司(経済学部教授)
小川 尚紀(岐阜経済大学まちなか共同研究室コーディネーター)
近藤 ゆり子(「9条の会おおがき」世話人、岐阜経済大学ゲスト講師)
山田 朱美
赤塚 俊彦(教職員「9条の会」ぎふ)
高橋 勉(経済学部教授)
寺澤 真紀(岐阜県コミュニティ診断士)
野松 敏雄(経営学部教授)
小林 信介(金沢大学准教授)
佐藤 真紀(岐阜経済大学ゲスト講師)
松井 茂(情報科学芸術大学院大学)
小川 栄一(本学大学院生)
岩坂 和幸(経営学部准教授)
小林 敬子(岐阜経済大学公開講座受講生)
森山 賢久(本学卒業生・介護福祉士)
飯沼 信彦(大野町自治会役員)
森下 満寿美(岐阜経済大学ゲスト講師)
丹原 美穂
原  和子(教諭)
加藤 由紀子(経営学部教授)
薮内 武司(本学名誉教授)
鈴木 祐一(経済学科卒業生)
木村 厚子(9条の会おおがき・ごうど9条の会)
今井 隆(経済学科卒業生)

ほか匿名希望6名
05
2016

「岐阜総がかり行動 第3弾!」に参加しました!

CATEGORY街宣行動


6月19日(日)に、岐阜市の金公園で、「岐阜総がかり行動」第3弾が行われました。小雨の降るなか、約1000人の参加がありました。

集会では、安全保障関連法関連法に反対する野党統一候補を立てている民進党、日本共産党、社会民主党の代表挨拶などが行われ、その後市内中心部に向けてデモが行われました。

この日は、SEALDs東海のメンバーのかけ声のもと、サウンドデモも実施され、安全保障関連法に反対する岐阜経済大学有志の会も初めてのサウンドデモにやや興奮気味に参加させていただきました。