「共謀罪」と大垣警察市民監視事件の学習会を開催しました!

2017/ 04/ 29
                 
IMG_1996.jpg

ご報告が遅くなりましたが、さる3月21日(月)18:00より岐阜経済大学8202教室にて、大垣警察市民監視事件で「監視対象」とされ、現在、国家賠償請求を求めて裁判をたたかっている船田伸子さんを招き、現在進められている「共謀罪」の怖さについてご講演をいただきました。

船田さんは、反原発運動などにはかかわってきたものの、ほとんど無関係だった風力発電に関する学習会に関して、その関係者として警察から事業を進めようとしている業者に個人情報を提供されていたことに対し、現在進められている「共謀罪」を先取りした事件であるとし、「もの言う市民」に対しての監視が強化される懸念を指摘されました。

「事件」や「犯罪」とは無関係の市民が「監視」の対象とされる時代が、すぐそこまで来ていることに驚きと恐怖を感じます。

少しでもその怖さを知ってもらう機会として有意義な学習会となりました。
                 

コメント