安全保障関連法の強行採決に対する抗議声明 

安全保障関連法の強行採決に対する抗議声明
     
 2015年9月17日における参議院平和安全法制特別委員会及び9月19日未明における参議院本会議における「国際平和支援法」及び安全保障関連10法を一括して改正する「平和安全法制整備法」の強行採決に強く抗議いたします。

 そもそも、これらの法案は、多くの憲法学者より「違憲」もしくは「違憲の疑い」があることが指摘され、国会内外で大規模な反対運動が展開される中、政府答弁も二転三転するなど十分に審議が尽くされていない状況は明白です。

 また、中央公聴会、地方公聴会の実施直後に採決を行うことを前提とした強行日程を組んでいたことや委員会における騒然とした議場において、議事録にて委員会の「開催」や「可決」の事実さえ確認できないとされる状況がある中での「採決」は、立憲主義や民主主義のルールを無視する暴挙といわざるをえません。
 
 法案の内容としても、戦後70年間、どこの国とも戦火を交えなかったわが国における重大な転換であり、集団的自衛権の行使を容認する法律によって他国の戦争に巻き込まれるリスクを格段に高めるものであります。

 戦争が始まれば、前戦部隊も後方支援部隊も相手国から見れば一体のものとみなされます。弾薬は武器ではないとし、理論上は核弾頭やクラスター爆弾、劣化ウラン弾等の運搬も可能とする政府答弁など、明らかに戦争当事者国になりうる危険性を増大させるものであり、若者や子どもたち、そして社会的弱者と呼ばれる人々や罪のない一般市民が再び戦争の惨禍に巻き込まれるリスクに対する国民の不安はますます増大しています。

 私たちは、これらの法律の執行停止及び即時廃止を求め、日本国憲法の理念に立脚した平和外交による安全保障体制を構築していくことを強く要望します。

2015年9月29日

 安全保障関連法に反対する岐阜経済大学有志の会

<呼びかけ人>
(2015年12月3日現在、7名、順不同・敬称略)

髙木 博史(経済学部准教授) 
宇佐見 正史(経済学部教授)
樋下田 邦子(経済学部教授)
木村 隆之(名誉教授)
藤井 えりの(経済学部講師)
菊本 舞(経済学部准教授)
高橋 信一(経営学部教授)

<賛同人>

(2015年12月3日現在、28名、順不同・敬称略)

中村 共一(経営学部教授)
佐藤 八千子(経済学部教授)
祖父江 元宏(社会福祉士・精神保健福祉士)
伊藤 英生(岐阜県議会議員・産業経営学科卒業生)
山田 武司(経済学部教授)
小川 尚紀(岐阜経済大学まちなか共同研究室コーディネーター)
近藤 ゆり子(「9条の会おおがき」世話人、岐阜経済大学ゲスト講師)
山田 朱美
赤塚 俊彦(教職員「9条の会」ぎふ)
高橋 勉(経済学部教授)
寺澤 真紀(岐阜県コミュニティ診断士)
野松 敏雄(経営学部教授)
小林 信介(金沢大学准教授)
佐藤 真紀(岐阜経済大学ゲスト講師)
松井 茂(情報科学芸術大学院大学)
小川 栄一(本学大学院生)
岩坂 和幸(経営学部准教授)
小林 敬子(岐阜経済大学公開講座受講生)
森山 賢久(卒業生・介護福祉士)
飯沼 信彦(大野町自治会役員)
森下 満寿美(岐阜経済大学ゲスト講師)
丹原 美穂
原  和子(教諭)
加藤 由紀子(経営学部教授)

ほか匿名希望4名

Posted on 2015/09/29 Tue. 12:35 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 9条の会・おおがき総会のお知らせ  |  岐阜県内三大学合同安保法制反対学習集会を開催しました! »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30